印鑑を通販で購入する際の注意点

印鑑も今はお店に出かけずインターネットなどの通販でも気軽に購入ができるようになりました。インターネットに繋がるパソコンやスマートフォンなどがあれば、お店に行く時間が取れなくても自分のペースで欲しい印を探すこともできます。日常的に使うような認印も作れますし、大事な銀行印や実印でも、多くのお店が取り扱っているので、各ショップの手続きに沿って注文すれば手早く届けてくれます。手軽に購入できるのですが、幾つか注意点もあります。一番気をつけたいのは実物を見て購入できないため、しっかりと商品の内容を自分で確認しておくことです。どんな書体が使われているのかは見ることができても、大きさは定規などを使って見ておくようにして、納得してから購入を心がけて下さい。

どんな印が欲しいのかを決めましょう

作る印鑑によっても注意点は変わってきます。特に実印など本当に重要なものについては、お店の案内なども数回は読み直した上で注文することをおすすめします。自治体に登録をするものですから、自治体によって大きさや姓名、名前のみの登録ができるかどうかなども違っています。逆さ彫りになっているような印も使えないこともありますので、デザインなどを見ていいなと思って作っても登録できないことがあります。銀行印はそれほど難しく考えなくてもいいのですが、こちらも姓のみなどどのように名前を彫るのか考えておいた方が良いでしょう。昔ほど銀行印は厳しくなくなったものの、安全のことを考えるのであれば、市販されているような印に似たようなものはあまりおすすめできないので注意しておいて下さい。

他にも気をつけておいた方が良いこと

通販と一般のお店の違いは、やはり実物を見られないということが一番に挙げられます。これから印を作るという人は特にそうですが、素材がどのようなものか分かりにくいということがあるでしょう。もし時間に余裕があるなら、象牙や柘植など、一般のお店に出かけて素材を見ておいてから注文をするやり方もあります。それ以外にも製作を依頼してから届けてもらうことになりますので、場合によっては時間がかかることもあります。ネットで購入すると簡単な印であれば即日や翌日での配達をしてくれるお店もあるのですが、こだわり抜いている手彫りや貴重な素材の印だと思ったより日数がかかることもあるのです。利用する期日がきまっているなら、それに合わせて購入できるように予め聞いておくと安心して購入できます。