通販で印鑑を買う際の注意点とは

通販を印鑑で買うのは手間がかからずに便利ですが、直接店員とやりとりをするわけではないので気をつけなければならない部分がいくつかあります。ひとつはミスがないように注文をするということで、店頭だと入念に確認が入りますからミスをしてしまうという可能性は減りますが、通信販売の場合には確認をするのは注文する本人なので名前の字を間違っていたりすると、出来上がるものも間違ったものになってしまうので注意が必要です。次にかかる費用をトータルで考える必要があり、商品の代金だけでなく送料であったりその他手数料といったものがかかりますから、それらのものをすべて含めた上で購入をすることが大切です。同じ商品なら安いに越したことはありませんから、無駄に高いお金を払わないためにも覚えておきたいところです。

自己責任となるので注文の際は確認を

印鑑を通販で購入する時に気をつけたいことは、注文ミスなどがあったときには自己責任となってしまうので注意が必要です。店頭であれば、確認をしてくれる店員がいますから間違いということは起こりにくいものですが、通信販売の場合には確認をするのは注文をする本人ということになるので、よく確認をしておかなければお金を無駄にしてしまうということもあるので覚えておきましょう。特殊な字体の名前の人などは、そのことを正確に相手に伝えるということも重要なこととなり、意思の疎通が中途半端だと間違ったものが出来上がってしまうので注意をしなければなりません。手軽に購入をすることができるのが、通信販売の魅力ですが注文に関することは自己責任となるので、ミスがないように確認をする必要があります。

商品価格だけでなく総額で考える

印鑑を通販で購入するのであれば、できるだけ安い店を選びたいという人も多いものですが、その際に気をつけなければならないのは、商品価格だけでなく送料は手数料などを含めた総額で比較をするということです。通信販売をよく利用する人からすれば当たり前の話かもしれませんが、滅多に利用しない人などは見落としてしまいがちな部分だけに覚えておくようにしましょう。大きなものではないので、送料はそれほど高くなるものではありませんが、発送方法によって数百円と金額が変わることがあるので、確認をしておきたいポイントです。また支払う方法によってかかる手数料というのもあり、代引き手数料や銀行振り込み時の振込手数料と言った費用もかかってくるので、それらの諸経費のことも忘れないようにする必要があります。